スポンサーリンク

ミルクボーイが「キャベツ」をネタに漫才したら

落ちこぼれ農家の日常
スポンサーリンク

ナス男の、ナス男の、

ナス男の農業ブログへようこそ~!

 どうもナス男です。

ブラック企業を1年で辞めたのち、愛知県でナス農家をしています。

前回も書いたんですが、今ミルクボーイさんにドはまりしています!

ミルクボーイさんの漫才を見すぎて見すぎて…

その漫才のシステムがだんだん頭に染みついてきました(笑)

それで前回に「ナス」をネタにした漫才を作ってみたんで、今回は「キャベツ」も考えてみました!


軽くキャベツをディスってます!

でも僕もキャベツ作ってるんで、きっとネタにして面白おかしくいじる権利はあるはず!
キャベツのイラスト(野菜)

構想5日、製作費0円。お笑い素人ですが、キャベツ生産者が頭をひねり出して考えたんで読んでみてください!(敬称略です、すいません。)


ミルクボーイ 漫才「デカビタ」

2人:どうも~ども、ミルクボーイです~!

内海さん(以下内海):あ~ありがとうございます~!

今、逆上がりの練習台をいただきました!こんなんナンボあってもいいですからね~!

駒場さん(以下駒場):ありがたいですね!

内海:なんとか収まりましたけども。

駒場:いきなりなんやけど、うちのおかんが好きな野菜を忘れたらしいねん。

内海:おかんが好きな野菜を忘れた?

好きなのに忘れるってどないなっとんねん!

それじゃあ今日はおかんの好きな野菜、一緒に考えてあげるからどんな特徴か言うてみてよ。

駒場:黄緑で、重くて楕円形とか扁平形らしい。

内海:ほ~、…キャベツやないか。

その特徴は完全にキャベツやないか。すぐ分かったやん!

駒場:ん~、でも分からへんねんな。

内海:何が分からへんの?

駒場:オレも最初キャベツやと思ったんやけどな、おかんが言うには、一度食べたら忘れへん個性的な味らしい。

内海:ん~、じゃあキャベツとちゃうか。

キャベツは味の主張が全くないんやからね!

入ってても入ってなくても味に影響は全くないねん!

だから和洋中どのジャンルの料理でもいけんねん、キャベツってそういうもんやからね。

ほな、何か他に特徴言うてなかったか?

駒場:とんかつの下についてくるらしい。

内海:キャベツやないか!

どのとんかつ屋さんに行っても、千切りにして一緒に出てくるんや。

そんでとんかつに対して千切りキャベツの量が多くて食べ残す人がほとんどやねん!

そういうもんやからねキャベツって。

キャベツで決まりや!

駒場:でも分からへんねん。

内海:何が分からへんの!?

駒場:オレも最初キャベツやと思ったんやけどな、おかんが言うには、最近若者の間で注目度急上昇の野菜らしいねん。

内海:ほなキャベツとちゃうか。

キャベツなんて昔からずっとあったからね!

なんにも目新しくないし、どこにでもあるねん。

かわいらしくもないし、インスタ映えもせえへんの。

若者にバズる要素なんて皆無やねん。

キャベツってそういうもんやからね。なら他に何か言うてなかったか?

駒場:千切りでドレッシングかけて食べると、夜食にぴったりらしい。

内海:キャベツやないか!

よくコンビニに売ってるやつやん!

夜食べると太るし、けど空腹を満たしたい。

そんな矛盾を解決してくれる食べ方やねん。

そんな食べ物、キャベツかサラダチキンくらいや!

それはもうキャベツで決まりや!

駒場:いや、でも分からへんねん!

内海:何が分からへんの!?

駒場:オレもキャベツやと思ったんやけどな、おかんが言うには、スーパーでよく袋詰めのイベントをやってるらしい。 

内海:ほなキャベツとちゃうやないか!

キャベツの袋詰めなんて聞いたことあるか⁉

重いし、かさばるし、そんなでかい袋がそもそもないねん!

大阪のおばちゃんでもようやらんで!

なんなら2分の1カットとかのほうが冷蔵庫に入りやすいから需要あるねん!

どないなっとんねん。なら他に何か特徴言うてなかったか?

駒場キャベツ太郎っていうお菓子があるらしい。

内海:キャベツやないかい!!!

もうキャベツって言うてもうてるやん!

キャベツ太郎はな、キャベツは入ってないねん!

味もソース味やし、なんでキャベツって名前なのか誰も分からへんねん!

もうキャベツで決まりや!

駒場:でも分からへんねん!

内海:分からへんことない!もうキャベツで決まりや!

駒場:オレも最初キャベツやと思ったんやけどな、おかんが言うには、キャベツではないらしい。

内海:じゃあキャベツとちゃうやんけ!今までオレが言うてる間、どんな気持ちで聞いとったん!?

駒場:申し訳ない。

内海:ホンマに分からへんやんけ、絶対キャベツなのにキャベツとちゃうなんて…

駒場:でもうちのおとんがいうにはな、ナスとちゃうかって。

内海:絶対ちゃうやろ!もうええわ!

2人:ありがとうございました~!!


ミルクボーイの漫才「サイゼ」

最後まで読んでいただきありがとうございました。せーのっ!おつかれ~!