スポンサーリンク

非常識な成功法則② 農家こそ、儲けなきゃいけない!

書評
スポンサーリンク

自営業は稼いでナンボ!稼ぐことはやましくない!

どうもナス男です。ブラック企業を一年で辞めたのち、愛知県でナス農家をしています。

今回は前回の続きで「非常識な成功法則」を紹介します!

マンガでわかる 非常識な成功法則

 

マンガでわかる 非常識な成功法則

 

とにかくお金を儲けたい!誰しもこころの奥に隠しているそのやましさを、この本は肯定してくれます!

凡人が短期間で成功するには、「普通の成功法則」では意味がない。

ある種の劇薬になるかも!?

特に農家、自営業の人に読んでほしい本です。

非常識な成功法則【新装版】

 

非常識な成功法則【新装版】

  • 作者:神田昌典
  • 発売日: 2011/10/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

お金は後からついてくる?

世の中のためになることをやっていれば、お金は後からついてくる。

これもどのビジネス書に当たり前のように書かれている、いわばキメ台詞です。

一見すごく心地よく、そして清らかな成功法則ですよね(笑)

しかし筆者の神田氏はこのキメ台詞にも警鐘を鳴らします。

凡人は鵜呑みにするなと。

これもやはり凡人が成功するには、マネしてはいけない法則だと。

「危ない」のイラスト文字

「世の中のために…」

は成功者にとってはただただ便利なセリフなんだそうです。

理由としては

  1. 成功者にとっては世間から叩かれない、嫌われない無難な言葉だから。
  2. 成功者が自らに自戒の意味をこめて発しているから

とあります。

すでに成功している人にとっては、とても意味がある重要な言葉に思えます。

ただし凡人がこの言葉を使うのは、思考停止を招くという危険があります!

なぜなら、世の中のために働いても、お金はついてこないから

凡人にとっては、現実から逃げるための便利な言葉にしかならないと、ばっさり切り捨ててます!

お金をドブに捨てる人のイラスト(男性)

う~ん、グサッと心に刺さります(笑)

そして凡人はどうすべきか。

いくつか方法、対策が挙げられていますが、僕が一番印象に残った考えがあります。

それは「お金を溺愛する」ことです!

お金を溺愛する

お金自体にこだわる=心が貧しい、

お金にこだわらない=心が清らか

一般的にはこういうイメージですよね。

だからお金を儲けるということは、自分の心を汚しているんじゃないかって恐れるんです。

投資に成功した人のイラスト

このお金儲けに対する恐れや罪悪感を持っていたら、絶対に儲からないです。

なぜなら儲け始めた時に自分で自分にストップをかけてしまうからだと。

相手に悪いからと価格を安くしたり、機嫌を取ってみたり…

これじゃ凡人は短期間で成り上がることはできないですよね。

だからまず凡人がやらなきゃいけないことは、お金に対するイメージを払拭することだと。

お金自体好きになってしまう、溺愛することが大事だと。

お金のにおいを好きになるくらい、ATMの記帳が楽しいと思えるくらい、まずは徹底的に稼げ!

凡人中の凡人ナス男、心を打たれました!

農家こそ、稼がなきゃいけない!

僕も農家を始めて、ばあさんとよく対立していました。

僕は就農したての頃、少しでも効率がいいように思って作業を簡単にしたり、機械を買ったりしようとしました。

だけどそれがばあさんは気に入らないんです。

ばあさんは「農家はつつましく生きなきゃいけない!」

謙虚であれということだと受け取れればいいんですが、

もっとひどいと

「農家は儲けちゃいけない!」

くらいの勢いです。

だけど僕が変えたいのは、省いても品質になんの問題もない所なんだけどなあ…

ばあさんは80歳を超えていて僕らが想像を絶するような戦争、戦後を経験してきた人です。

先の戦争を生き抜いた人がいたから今平和に生きれているし、感謝しないといけないくらいです。

だから、

「贅沢は悪だ!他の人より稼ごうなんてもってのほかだ!」

っていう考えが変わらないのは納得しないといけないことなんだけど…

丁寧に仕事をすることは確かにいいことなんです。

丁寧な手仕事が重要な時ももちろんあります。

わざわざ二度手間にしたり、非効率なことを美徳と思ってるとしか思えないんですよね…

ただ、僕らが今生きている現代ではそれでは生計が立てれないです。

僕は農家こそ稼がなきゃいけない!って強く思っています。

だって、農業って地域産業だから

  • その地域で暮らして、
  • その地域の人を雇って雇用を生み出して、
  • その地域の特産の農産物を苦労して作って、
  • その地域の農家が集まって、どんな天候でも全国に安定供給する。

農業をしているだけで地域貢献ができてるんです!

なんてすばらしい仕事なんだと、最近は誇らしく思えるようになってるんです。

全ての農家さんが稼いで儲けて、

「農家ってなんかイケてる職業だよね!」

って子どもがなりたい職業ナンバーワンになってくれたらいいな!

最後まで読んでいただきありがとうございました。せーのっ!おつかれ~!

コメント