スポンサーリンク

農業は最高の地域貢献だ!

農業について
スポンサーリンク

どうもナス男です。

ブラック企業を一年で辞めたのち、今は愛知県でナス農家をしています。

今回は

「農業は最高の地域貢献だ!」

というテーマです。

「地域貢献がしたい!」

「その土地に役に立つことがしたい!」

と考えている方は多いかと思います。

そういう方や、農業に興味がある方はぜひ読んでください!

ふるさと納税のイラスト

農業をするだけで地域に貢献している!

農業をしているってだけで、もうその地域に貢献しています。

まあそりゃあある程度は貢献してるでしょ…

って思われるかもしれませんが、

いや、ある程度なんかじゃない!

どの業種、仕事にも負けない最高の地域貢献です!

具体的にみていきます。

地域の土地を利用する

農業は農地がないとできません。

その地域の農地を利用することは、いろいろな形で地域に貢献できます。

借りて農業をすれば、そこに利益が生まれますし、土地の地主は利用料をもらえます。

土地のイラスト

農地を利用するだけで、経済効果があるんです。

また耕作放棄地の問題もあるところもあります。

放棄地の増加は農業でも大きな問題で、耕してくれるだけでとってもありがたいんです!

地域に根付いて生活をする

農業をするということは、その地域に根付いて生活をするということです。

  • その地域で行動して、
  • その地域の活動に参加して、
  • その地域で住んで

お金を消費して生活します。

特産品のイラスト

改めて考えると、地域経済にものすごく貢献してますよね!

地域の人を雇用できる

農業で生計を立てて、ある程度の規模で栽培するためには一人や家族だけでは労働力が足りなくなります。

その場合はパートさんを雇うことになります。

いろいろな表情の農家の女性のイラスト「目がハート・疑問・居眠り・照れ」

パートさんを雇うなら、断然近くの地域の人です!

通勤時間が30分~1時間かかる人より、より職場に近い方がメリットがおススメです。

交通費も安く済みますし、パートさんも通勤が苦にならないのでメリットが多いから!

地域の雇用を生み出せば、立派な地域貢献です。

そのパートさんは自分があげた給与を地域で消費してくれるので、地域貢献の輪が広がっていきます。

地域に税金を納める

農業で利益を上げれば、そこに税金がかかります。

税金は所得税、市県民税など地域に納めますので、

地域のためにお金が使われることになるんです。

納税する人のイラスト(男性)

「農業ってそんなに儲からないでしょ!?」

「じゃあ納税額も大したことないじゃん!」

と言われれば、その通りです…

農業は儲かっている農家もほんの一握りだし、第2次産業やIT産業の社長のように、どでかい利益をあげられるわけではありません。

有名人のようにド派手にお金を配ったり寄付したり、億万長者のように何億も税金がかかる農家はほとんどいません。

それでも少なくても、きちんと納税することは立派な地域貢献になるんです。

まとめ:農業は最高の地域貢献だ!

いかがでしたか?

  • 地域の農地を耕し、
  • 地域の人を雇用して、
  • 地域に根付いて生活して、
  • 地域に納税する

だから農業は最高の地域貢献だと僕は思ってます。

コロナ禍で仕事や通勤、ライフスタイルなど、全てが急激に変化しています。

この状況で自分の人生や価値観を見直して、地方に移住を考えている人も多いんじゃないかなと思います。

そんな方はぜひ!

この記事を読んで、農業も選択肢の一つに加えてほしいなと思います。

一緒に農業を盛り上げましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント