スポンサーリンク

非常識な成功法則①

書評
スポンサーリンク

どうもナス男です。ブラック企業を一年で辞めたのち、愛知県でナス農家をしています。

今回は神田昌典氏の

「非常識な成功法則」を紹介していきます!

非常識な成功法則【新装版】

 

非常識な成功法則【新装版】

  • 作者:神田昌典
  • 発売日: 2011/10/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
中毒性があります!劇薬です。
今までの固定概念が崩れてしまうかもしれません!
 
ビジネス書は読んでるけど、イマイチ効果を感じない方!
今までの成功法則本では変化を感じなかった方!
そういった方は読んだほうがいいです!
逆にそうじゃない方は読まないほうがいいです!(笑)

成功法則を鵜呑みにするな!

「お金は後からついてくる」

「大切なのはお金じゃない」

自己啓発の本でよく見るお決まりのフレーズ。

これを神田氏は、凡人はマネしてはダメだと警告しています。

なぜならこのセリフは、成功者が自分に言い聞かせるためのものだからだと。

お金がない凡人は今稼がなきゃならない。

だからこの成功法則を真に受けると、現実との矛盾に悩むことになる。

凡人が成功するには、「お金」と「心」は両立しないってこと。

だから前に進めないと。

お金に目がくらんだ人のイラスト(男性)

なんてこった!確かにちょっと考えてみれば、そうなんですよね。

成功法則をみんながマネすれば、みんな成功しているはず。

でも実際は成功者はほんの一握りしかいません。

凡人代表のナス男、もっともだと思いました!

「悪」のエネルギーを利用せよ!

じゃあどうするべきなのか。

神田氏はこう主張します。

「凡人は逆なんだ、まずは稼がなきゃダメなんだ!」

傲慢になって徹底的にお金が入る流れを作る!

ポジティブ思考とは真逆の、非常識な思考ですよね(笑)。

ただこの「悪」に聞こえる原動力が、実はとても大きなエネルギーになるそうです。

何かを企む人のイラスト(男性会社員)

成功者の多くはコンプレックスがある人が多い、いや、ほとんどらしいです。

子どものころ貧乏だった~とか、成績が良くなかった~など。

確かに…超成功している社長さんだったりアスリートの方って、子どもの頃の挫折や失敗をばねにして…

って話をテレビでよく見ます。

「悪」の感情は否定せずに認めてあげよう!

そしてその「悪」の感情をちゃっかり利用してしまおう!

これが凡人が成り上がる最短の成功法則なんだと、この本には書いてあります。

何かを企む人のイラスト(男性会社員)

ただ注意しなきゃいけないのは、

「悪」のエネルギーをばねにするのはあくまで短期間の方がいいということです。

マイナスの感情は顔に出やすくて、人相が悪く見えてしまう危険性があるので。

だから「悪」のエネルギーで短期間で成り上がる!

そしてそのあとに「心を磨く」、これが凡人から短期で成功する秘訣だと神田氏は主張しています。

見返してやる!

僕もブログを始めた理由の1つに、見返してやりたいやつがいるってことがあります。

学生時代にバカにしてきた、今は大企業に勤めているアイツ。

もう一人は何もできなかった情けないあの頃の自分。

「今に見てろよ!いつか誇れる自分になってやる!」

今でもたまに悔しい感情がぶりかえして、寝られない時があります。

でもこの本は勇気をくれた気がします。

こういう「悪」の感情を否定しなくていいんだ、むしろ認めて思いっきり利用してのし上がるべきなんだ!そう背中を押してくれた気がします。

まず成り上がってやろう。

変わり映えのない日が続く毎日に効く、非常識なモチベーションをもらいました。

ぜひ皆さんも「非常識な成功法則」を読んでみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。せーのっ!おつかれ~!

書評
スポンサーリンク
シェアしてもらえると嬉しいです!
otikoborenoukaをフォローする
スポンサーリンク
就農成り上がりブログ

コメント