スポンサーリンク

ナス農家の仕事~午前中はナスの収穫!~~

ナス栽培
スポンサーリンク

こんにちは、ナス男です。

ブラック企業を一年で辞めて、今は愛知県で周年でナス農家をしています。

今回は、ナス農家の一日の作業を紹介したいと思います。

「え、ナスって夏の野菜なんじゃない?周年で仕事あるの?」

と思われるかもしれませんが、うちはビニールハウスでナスを作っているので、冬でも暖かいんです。

8月末にナスを植え替えて翌年の7月末までほぼ一年、9月末くらいからナスが収穫できて以降ずっと収穫します。

温室のイラスト(丸屋根型)

AM7時~   収穫、とにかく収穫

ナスのハウスに来るのが大体朝7時です。

夏なら暑くなる前に取り終えたいので、日の出(5時過ぎ)から採り始めることもあります。

午前中はほぼ毎日収穫しています。

同じ列をだいたい2,3日おきに見て一定の大きさ以上を全て収穫します。

ナスは毎日大きくなりますが曇りや雨の日が続くとナスがあまり成長しません。

なので、早めに収穫が終わることもあります。

ちなみに収穫風景はこんな感じ。

f:id:mikaesublog:20200203192858j:plain

AM9時~ パートさんもとにかく収穫

主婦のパートさんが来るのが大体9時くらいでしょうか。

パートさんも収穫に加わり、とにかく収穫を終わらせます。

うちはJAに出荷しています。

昼までにJAに出荷する決まりなので、午前中は収穫が第一優先です!

もし早めに収穫が終わりそうなら、パートさんに収穫を任せて僕は他の仕事をします。

うちでは冬は、だいたい一日1000本前後ナスを収穫します。

11時45分~ JAに出荷、昼休み

JAに収穫したナスを持っていきます。

これで午前中の作業は終わりです。家に帰って昼食を食べて昼寝します!

晴れの日の昼間は、ハウスの中が30度近くになります。

暑い!

なので、午後は暑さがちょっと落ち着いてから14時くらいに仕事を再開します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

収穫のピークは3月から

ほぼ一年間周年ナスは収穫作業がある中で、収穫量が多い日も一時的に少なくなる日もありますが、たくさん採れる時期は冬を超えて暖かくなる3月からです。

周年のナス栽培は「冬春ナス」とも言われ、3月から一気に収穫量が増えます!

うちのような小さなナス農家なら、冬なら一日約1000本、春以降なら一日約2000本くらい採ります。

収穫に追われると他の作業が回らなくなりますが、まずは収穫優先!

採り遅れてしまえばとんでもなくナスになってしまいますので、時間との勝負です!

品質のいいナスを安定出荷するために!

今日も収穫を頑張りナス!🍆

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ナス栽培
スポンサーリンク
シェアしてもらえると嬉しいです!
otikoborenoukaをフォローする
スポンサーリンク
就農成り上がりブログ

コメント