スポンサーリンク

農家になんてなるな!新規就農をおススメしない理由

農業について
スポンサーリンク

農家になんてなるなよ!!!…なるなよ!!!


絶っっっ対なるなよ!!!

ソース画像を表示

今回のテーマは

「農家になんてなるな!新規就農をおススメしない理由」

について実際に農業で生計を立てている私ナス男が‘‘心を鬼にして‘‘(それこそ上弦の鬼になるくらい)解説します!

農家になってしまったら、今までのような生活ができなくなりますよ!

農家になってしまったら、価値観が180度ひっくり返ってしまいますよ!

農家になりたい方!農業に興味がある方!

この記事を読んでもう一度考え直してください!

僕が農家をおススメしない主な理由を3つ、順番に解説します。

①朝中心の生活に強制シフトしないといけなくなる

農業はとにかく朝が勝負です!

  • 収穫
  • 水やり
  • 仕事の段取り
  • パートさんの指示
  • その他多数

朝やるべき、朝やった方が効率がいい仕事がほとんどです!

朝が苦手な人は、もうぶっちゃけ農業に向いてません!

朝が苦手なそこのあなた!

実際に農業を始めてしまえば、強制的に朝型生活への順応を余儀なくされます!

自然と早起きするようになり、規則正しい生活を送らなければならなくなってしまいます!

想像してみてください。

華金だの年末だので周囲の浮かれた声の中。

ネオン街の誘惑を振り払えますか?

酔っぱらいのイラスト(男性会社員)

定時を過ぎてからの残業や上司の接待をあなたは断れますか!?

もう一度自分の胸に手を当てて、考え直してください!

農業は朝が大事!ということはこちらの記事で詳しく書いています。

都会より田園風景に魅力を感じてしまう

一旦農業を始めてしまったら最後!

農業の職業病の一種でしょうか、より自然を体が求めるようになってしまうんです!

都会への興味がなくなってしまい、田舎や田園風景への興味が湧いてしまいます!

それはつまり…

表参道でおしゃれなショーケースを眺めるより、田園風景を眺める方が心地よくなってしまうということです!

田舎の村のイラスト

旅行に行ったとしても、畑や田んぼが目に入れば、何をどうやって栽培しているのか勝手に考えてしまうということなんですよ!!

それくらい農業は中毒性が高く、脳を支配されてしまうんです!

不健康な脳のキャラクター

もしあなたにお子さんがいて、農業しか頭にない親の姿を見ていたらどう思うでしょうか!?

「パパ、仕事の事ばっかり考えてる!パパなんか嫌い!」

って言われることは間違いないでしょう!

あるいは恋人がいれば、あなたのことをどう思うでしょうか。

「私と農業、どっちが大事なの!?」

失恋のイラスト「ふられた男性」

と、恋愛ドラマのど定番のセリフが現実に浴びせられるでしょう!

こうならないためにも、農業はやるべきではないんです!

「好きなことで生きていく」人生になってしまう。

数年前から流行っている、どっかで聞いたことのあるこのフレーズ。

農業を始めてしまえば、「好きなことで生きていく」を言葉通りに体現していかないといけなくなってしまいます!!

動画配信のイラスト

確かにこのフレーズ、聞こえはいいんですよ。

でも、農業で「好きなことで生きていく」って楽しいことばかりではありません。

新規就農って起業と全く同じなので、むしろ苦しいことがほとんどです!

何を栽培しようが、どこに売ろうが、全て自分次第!

誰に何を言われようが決めるのは自分で、その責任を取ることができるのも自分しかいません。

先進農家さんや農業の本をマネをするにしても、いろいろな条件が違いますので思うようにはいかないはずです。

結局、常に試行錯誤して最終的にはオリジナルの農業を確立するしか生き残る道はないんです。

畑・田んぼを耕す人のイラスト

こんな苦しくて、自由な人生で本当にいいんですか!?

まとめ:僕はナス栽培にどっぷり浸かっています。

いかがでしたか?

今回は

「農家になんてなるな!新規就農をおススメしない理由」

について解説しました。

え?

なんだかんだ言って農業楽しいって言いたいだけだろ?

真面目な顔のニュースキャスターのイラスト(男性)

…誤解です!

皆さんに僕のような経験をしてほしくないので、思い切って文字にしたんです!

僕は農業に足を踏み入れたせいで、人生観が180度ひっくり返ってしまいました…

今日は休むと決めた日でも、ハウスに行けば体が勝手に仕事を始めてしまいますし、

一日一回はナスのご機嫌伺いに行かないと、貧乏ゆすりの禁断症状が出てしまいます。

貧乏ゆすりのイラスト

ほぼ一年間ナスに拘束されて、特に冬~春にかけては、ナスに〇されるのかと毎年感じます。

ナスを管理しているつもりが、ナスに管理されているのかとふと考えてしまったりもします。

まさに「ナスの奴隷」です!

でも!

つらいことがほとんどなんですが、努力したらナスは応えてくれるので、頑張ってしまうんですよね…

毎日何時間も、誰よりも一緒にいるので、ナスは僕の扱いが分かっているんでしょう!

なんなら、

「もう一生ナスの奴隷でもいいかも…?」

なんて魔が差すこともあります!

ここまで来たら末期症状、手遅れです!

野菜農家のイラスト(農業)

僕のような犠牲者を増やさないためにも、もう一度考え直してほしいです!

立ち止まって、もう一度農業がやりたいか心に問いかけて、

それでも

「農業をしたい!新規就農したい!」

と強い決意がある方は、ぜひ一緒に農業にどっぷり浸かりましょう!

僕も明日からのナス栽培、頑張りナス🍆

最後にもう一度だけ言わせてください!

農家になんてなるなよ!!!
…なるなよ!!!


絶っっっ対なるなよ!!!

ソース画像を表示

最後まで読んでいただきありがとうございました!