スポンサーリンク

先進農家はみんなやっている!栽培技術を上達させるたった一つの基本

農業について
スポンサーリンク

栽培技術上達の近道はないの!?

就農してすぐにトップレベルの成績を上げられる人は何が違うの?

就農して数年でトップクラスの売上や収量をたたき出す人や、地域の先進農家さんはみんなたった一つの基本が出来ています。

そのたった一つの基本とは…

毎日畑やハウスに観察に行くことです!

今回は

「先進農家への近道!畑、ハウスに毎日観察に行こう!」

というテーマで書いていきます。

農業を始めたい人、新規就農者の方にはぜひとも知っておいてほしい基本です。

毎日観察に行くこと

栽培技術を手っ取り早く上達させるにはどうするか。

初心者のうちは、とにかく毎日畑やハウスに行って観察、仕事をすることをおススメします。

とにかくがむしゃらに働いて、作業内容や気づいたことを日記に書き残しましょう!

メモを取っている男性会社員のイラスト

休みの日だとしても、一日一回は畑の様子を見に行ってください!

毎日畑やハウスに行ったほうがいい理由は、

  • 販売やマーケティングのアイディア、
  • 不作の原因、
  • 改善のヒント、
  • 自分の栽培の強みと弱み、
  • SNSやブログのネタなど

全部が畑に落ちているから!

畑を耕す屯田兵のイラスト

稼ぎ方や効率のいい働き方のヒントは畑に全部あって、それを見つけた人が先進農家になれます。

僕は勝手に、人気漫画「グラゼニ」の由来の言葉の

「グラウンドにはゼニが落ちている」

をもじって、

「畑にはゼニが落ちている」

なんて言ったりします。

ちなみに僕は、「休むな!」とは言ってません。

ほんの些細な変化を見逃さないためには、毎日観察して自分の感覚を研ぎ澄ますことが大事です。

自動化や雇用、ICT農業が進んだとしても、毎日観察しよう!

今の農業は機械化や設備が進んで、人間の負担がだいぶ楽になっています。

最新の設備投資をしたハイスペックハウスでは、

  • 温度湿度、
  • 水分量、
  • CO2濃度

など、だいたいの管理はパソコン一台でできてしまいます!

さらにパートを雇用することで、収穫や手入れなどの細かい作業も、自分の手から離すことも可能です。

ぶっちゃけ僕も、一日二日ハウスにいなくても機械設備やパートさんで仕事は回ります。

「え、じゃあ自分は遊んでても勝手にお金が入ってくるの?!?」

と思われる方もいるかもしれません。

南国の人のイラスト

たしかにハウスに行かなくても、自動的に収入が入る仕組みを作ることは可能です。

仕事は回るんですが、それでも毎日ハウスに行かないと気づけないことはたくさんあります!!!

  • パートさんの表情、
  • 機械の不調、
  • 病害虫の発見の遅れ
  • 作物の状態

などは、直接自分の目で、感覚で確かめないと分からないことです。

これらの発見が遅れれば、取り返しのつかない大損害になることも…

落ち込む会社員のイラスト(男性)

毎日が同じように見えて、同じ日は一日もないです。

小さな変化は必ずある!

それに気づけるかどうかで、売上が大きく変わってきます。

詳しくはこちらの記事で。

販売に力を入れると、顧客は離れていく

毎日観察することは、栽培の基本であり土台の部分です。

新規就農者を対象にしたセミナーなどでは、

「これからの農業は販売が大事!」

という具合に、売り方に力を入れるように指導説明をしていることがあります。

ハッピを着た販売員のイラスト

「栽培は2割、マーケティングが8割」

なんていう声も聞かれます…

売り方が大事なのは否定しませんし、僕もそう思います。

ただし!

根底にあるのは、栽培技術という土台です。

べた基礎のイラスト

この土台がしっかりしていないと、その上に立派な建物は建ちません。

  1. 営業やマーケティングに一生懸命になる
  2. 畑に行く時間が取れない
  3. 小さな(重大な)変化に気づけずに収量や品質を落とす。

というのは新規就農者の方がハマりやすい落とし穴です。

土台の栽培技術がしっかりしていないと継続して利益を出し続けることはできません。

気象条件のいい年はできて当たり前で、気象条件の悪い年でもいかに収量や品質を落とさずに出荷できるかが大事です。

「安定出荷」こそ野菜のブランドになります。

安定出荷の詳しい記事はこちら。

その安定出荷ができていないのに、販売やマーケティングの知識で補おうとしても、

薄っぺらさが野菜を通してお客さんに伝わります。

始めは買ってくれていたお客さんも、品質が落ちていけば当然気づきます。

多くのお客さんは他の農家さんの野菜と食べ比べしていますので、品質が落ちればすぐに離れていってしまうんです。

シャッター通りのイラスト

まとめ

今回は

「先進農家はみんなやっている!栽培技術上達のたった一つの基本」

について解説しました。

「全然近道じゃないじゃん!」

利益を上げ続けられる先進農家さんは畑に落ちているゼニの見つけ方を知っています。

「毎日畑に行くなんて…プライベートの時間がないじゃん…」

と戸惑うかもしれませんが、ゼニを見つけたければ一心不乱に農業に打ち込む時期は必要です。

僕なんかは畑やハウスに毎日出ていって、汗をかいたもん勝ちだと思ってます!
始めから効率のいい稼ぎ方が分かる人なんていませんからね!

ということで、明日からもナスのハウスに毎日行きナス🍆!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント